横浜駅からズーラシアの行き方&夜の動物園ナイトサファリは何時まで入場可能?

横浜駅

横浜には動物園や水族館が多く、中には無料の「野毛山動物園」まであります。

この記事では横浜駅からズーラシアまでの行き方とズーラシアで毎年開催しているナイトズーラシアについてご紹介いたします!

横浜駅からズーラシアへの行き方

横浜駅からズーラシアへ向かうには、車か公共交通機関をおすすめします!

車であれば30分ほど、電車とバスでは45分程で行くことができます。

それでは行き方を順番に見ていきたいと思います。

車もしくはタクシーで横浜駅からズーラシアへ行く

横浜駅には東口と西口にタクシー乗り場があります。

横浜駅西口側のタクシー乗り場

JR中央北改札or中央南改札を出て、西口方面に進み階段orエスカレーターで地上にでます。

すると、目の前にタクシー乗り場があります。

横浜駅東口側のタクシー乗り場

1つ目はそごう横浜の地下2階入り口からすぐのところにあります。

①JRであれば「中央北改札or中央南改札」、京急線であれば「南改札口or京急線中央改札口」から出て東口方面に向かって歩きます。

②大きな階段&エスカレーターで下へと降り、「横浜ポルタ」内に入ります。

③そのまま直進して東口地下街「横浜ポルタ」を抜け、「そごう横浜店」の正面入口が見えてきます。

④ 中央エスカレーターで地下2階に下がります。

2つ目は東口の横浜スカイビル(バスターミナル)にあります。

①JR線であれば「中央北改札or中央南改札」、京急線であれば「南改札口or京急線中央改札口」から出て東口方面に向かって歩きます。

②正面の大きな階段&エスカレーターをさがり、東口地下街「横浜ポルタ」を抜けます。

③そごう横浜店方面へ直進し、向って右手がスカイビルとなります。

④スカイビル1Fに着いたら、ローソン横のエントランスからエスカレーターを下りると、そのすぐ近くにタクシー乗り場があります。

公共交通機関で横浜駅からズーラシアへ行く

横浜駅からズーラシアまでは電車とバスで行くのが良いでしょう。料金は470円で45分ほどです。

横浜駅で相鉄本線 快速 海老名行(2/3番線ホーム)に乗車します。真ん中あたりの車両に乗っておくと良いでしょう。

②3駅先の「鶴ヶ峰駅」で降車します。

③改札は1か所なので、そこを抜け「北口」を出ます。

④目の前にドトールがありますが、そちらへは行かず右へ曲がります

ロイヤルマートが見えたら左に曲がり「鶴ヶ峰商店街」を抜けていきます。

⑥正面に「横浜信用金庫」が見える十字路を「横浜信用金庫」側に渡り「セブンイレブン」の方へ進みます。

「セブンイレブン」手前の道を左に曲がり、セブンイレブン裏の道を右に曲がります。「鶴ヶ峰バスターミナル」の看板が出ているかと思います。

⑧道なりに進んでいくと、バスターミナルに着きます。

05系統 鶴ヶ峰~動物園よこはま動物園行 のバスに乗車し、11駅先の
よこはま動物園」
で降車します。

⑩到着した場所が「よこはま動物園ズーラシア」施設内です。

ナイトズーラシアは何時まで入場可能?

よこはまのどうぶつえん(よこはま動物園ズーラシア・野毛山動物園・金沢動物園)では、毎年夏季限定(8 月の毎週土曜日・日曜日と 11 日(金・祝))で夜も動物園を開放しています。

よこはま動物園ズーラシアでは「ナイトズーラシア」として、通常営業時間が9:30~16:30(入園は16:00まで)のところ、この期間は20:30まで(最終入園は19:00まで)営業時間を延長しています。

ナイトズーラシアの入場料は?土曜は小中高生は無料!

開園時間が延長しているだけなので、ナイトズーラシアだけ見に行く場合でも、通常の入場料と変わらないです。

ちなみに毎週土曜日は、小・中・高校生は無料(要学生証等)なので、学生証をお忘れなく!


個人団体(20名以上)
一般800円640円
中人・高校生300円240円
小・中学生200円160円
小学生未満無料無料

横浜駅からズーラシアへの行き方&夜の動物園ナイトサファリは何時まで入場可能なのかまとめ

横浜駅から最短時間でズーラシアへ行く場合には車かタクシーが良いでしょう!電車とバスで向かう場合は相鉄線を使って「鶴ヶ峰駅」まで行き、徒歩とバスで45分ほどです。

入場料は通常と変わらないため、昼間から動物園へ行き、日が暮れてきたらキッチンカーで腹ごしらえをしながらナイトズーをエンジョイしちゃいましょう!

ちなみにこの記事を書くためにズーラシアにどんな動物がいるか公式サイトで詳しく見ようと思ってみに行ったらとてもかわいい写真がたくさん見れました。笑

こちらもチェック!横浜駅のおすすめ記事

横浜駅からKアリーナや中華街への行き方など、横浜駅のおすすめ記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました