横浜駅の京急本線エアポート急行の乗り場はどこ?JR連絡口や乗り換え方法も

京急本線エアポート急行 横浜駅

横浜駅から羽田空港まで、乗れば着いてしまう便利な「京急本線エアポート急行」ですが、その乗り場はどこにあるのでしょうか?

というわけで今回は、横浜駅の京急本線エアポート急行の乗り場や、その乗り換え方法などをご紹介いたします!

横浜駅の京急本線エアポート急行の乗り場は京急2番線

横浜駅には京急以外に、JR、東横線、みなとみらい線、相鉄線、市営地下鉄ブルーライン線が通っています。

京急本線エアポート急行は「京急」なので、京急の横浜駅に乗り場があります。と言ってもホームはひとつで、下りが1番線、上りが2番線となっているだけです。そして羽田空港へと行くエアポート急行は「京急線の2番線」になります。

JRから京急線は「JR連絡口」がある

その京急線の場所ですが、JR線と並行しているのでJRの改札の隣に位置しています。

一番分かりやすいのは、横浜駅のメインストリートである中央改札のある中央通路の改札です。JRの隣に京急があり、JRからなら「JR連絡口」もあるので便利です。

JR線では電車の真ん中あたりに乗っておけば、乗り換えにはちょうどよい位置になります。

その他の各路線から京急線への乗り換え方法

その他の路線からはそれぞれ少し距離はありますが、基本的には地上1階の「東口と西口とをつなぐ中央通路」を目指すのが分かりやすいです。

ここにはJRと京急線の改札があるため、横浜駅でも最も人が多い場所になります。行き方も分かりやすいのでおすすめです。

京急本線エアポート急行は6両編成と8両編成がある

また京急本線エアポート急行は、6両編成のものと8両編成の2種類あります。なのでホームで待つ際には、先頭の方で待っていると8両編成しか止まらない場合があるので注意が必要です。

なのでエアポート急行に乗る場合は、必ず車両数を確認してから待つようにしましょう。

京急本線エアポート急行は急行料金等はない

さらに、京急本線エアポート急行に乗るのに、特別に急行料金などはかかりません

電車自体も特別な感じでもなく、普通の一般車両とほぼ変わらないです。乗ってる人の手荷物が大きいなとかスーツケースの人がいるなくらいの変化ですね。

なので指定席のようなものもなく、普通の電車のひとつとして乗ることができます。

横浜駅の京急本線エアポート急行の乗り場まとめ

横浜駅の京急本線エアポート急行の乗り場は、京急線の2番線ホームでした。京急線は他にホームがないので、京急線にさえ行ければ迷うことはありません。

また横浜駅の京急線は、横浜駅のメインストリートとなる中央通路にあるため、場所もJRと並んでいるので分かりやすいのもポイントですね。

こちらもおすすめ!横浜駅の人気記事

そのほかにも新宿ー横浜間の最速移動法やミスドへの行き方など、横浜駅のおすすめ人気記事がこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました