横浜中華街で中華粥を食べるなら「謝甜記(シャテンキ)」行き方と本店と2号店の違いを紹介!

横浜中華街

横浜中華街の中でもお粥で有名なお店が「謝甜記(シャテンキ)」です。本店と2号店があります。

この記事では、横浜駅から横浜中華街と「謝甜記」への行き方を紹介します!

横浜駅から、横浜中華街への行き方はこちらの記事でまとめています。【横浜駅から中華街おすすめの行き方4選!徒歩&タクシー&電車&バスの所要時間を紹介】

「謝甜記 本店」への行き方

ということで、本店への行き方を詳しく紹介していきます。

「街華中」と書かれた朝陽門から中華街に入ると、目の前に崎陽軒の「シウマイBAR」があります。

シウマイBARを右に曲がり、ブタまんの「江戸清」などが並ぶ道を直進していきます。

しばらく直進して、最初の交差点の右側に「謝甜記 本店」があります。赤い店構えが目印です。

朝陽門からは徒歩2分ほどで、迷わず到着することができるでしょう。

「謝甜記 貮号店(2号店)」への行き方

貮号店(2号店)は、中華街の中心あたり「山下町公園」付近にあります。本店からも比較的近いので、行き方を詳しく紹介します。

まずは、本店まで行きましょう。

「街華中」と書かれた朝陽門から中華街に入ると、目の前に崎陽軒の「シウマイBAR」があります。

シウマイBARを右に曲がり、ブタまんの「江戸清」などが並ぶ道を直進していきます。

しばらく直進して、最初の交差点の右側に「謝甜記 本店」があります。赤い店構えが目印です。

交差点を左に曲がって、直進します。

しばらく直進すると、右側に赤いサンタクロースが立っています。

赤いサンタクロースが店番をしているのが「謝甜記 貮号店(2号店)」です。

朝陽門からは徒歩4分ほどで、赤いサンタクロースが目立つので迷わず到着することができるでしょう。

謝甜記 本店と貮号店(2号店)の違いは?

本店と貮号店(2号店)の違いは、3つあります。

営業時間・定休日

1つ目の違いは、営業時間です。本店のが10時から営業開始なのに対して、貮号店(2号店)は平日8時半から、土日は8時からと、早い時間から営業しています。

中華街の中でも人気中華粥店なので、土日の昼時は列ができたりします。なので、並びたくない方は貮号店(2号店)に朝一の時間を狙って行くと良いでしょう。

また、本店は火曜日が定休日となります。貮号店(2号店)には定休日がなく、不定休です。

口コミなどを見ると、貮号店(2号店)は平日、休日ともに休憩時間はありますが営業率は高そうです。

内観・雰囲気

本店は座席が20席で昔ながらの中華料理の雰囲気が漂います。

 貮号店(2号店)は座席が50席と広く、明るくモダンで女性も入りやすい雰囲気です。

メニュー

貮号店(2号店)はお粥や一品料理のメニューが多いです。 また、貮号店(2号店)はお粥には初めから少量のパクチーが乗っています。本店は別皿トッピングでパクチーをいただけます。

謝甜記 店舗概要

謝甜記 本店

  • 住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町165
  • 電話番号:045-641-0779
  • 営業時間:10時~15時/17時~21時
  • 定休日:火曜日

謝甜記 貮号店(2号店)

  • 住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町189−9 辰ビル
  • 電話番号:050-5869-0944
  • 営業時間:【平日】8時30分〜21時(L.O20時)【土日】8時〜21時(L.O20時)
  • 定休日:不定休(平日、休日ともに休憩時間あり)

【まとめ】横浜中華街で中華粥を食べるなら「謝甜記(シャテンキ)」行き方と本店と2号店の違いを解説!

「謝甜記(シャテンキ)」への行き方と、本店と2号店の違いを解説しました。

中華街のメインの入り口である「朝陽門」から、どちらも比較的わかりやすい位置にあり、近いので

両方行ってみて空いている方に入るというのも良いでしょう!

こちらもおすすめ!横浜駅の人気記事

そのほかにもこのブログでは横浜駅周辺施設について詳しく解説した記事がたくさんあります!

横浜駅からクィーンズ伊勢丹やミスドへの行き方など、横浜駅のおすすめ人気記事はこちらです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました