横浜駅には何本路線が乗り入れている?東京駅から横浜駅へ最速で行くには何線?

横浜駅

横浜駅は乗り入れる鉄道事業者数が日本一を誇る、日本有数のターミナル駅です。実は、現在の桜木町駅が初代横浜駅で、現在の横浜駅は3代目になるそうです。

そんな横浜駅には現在、何本路線が乗り入れているのか、東京駅から横浜への移動をスムーズにするためのヒントを紹介します!

横浜駅には何本路線が乗り入れている?

横浜駅には、現在(2024年時点)6社の鉄道会社が乗り入れており、12本の路線が乗り入れています。

  • 東日本旅客鉄道(JR)
  • 京浜急行鉄道
  • 相模鉄道
  • 東急電鉄
  • 横浜高速鉄道
  • 横浜市営地下鉄

それぞれの鉄道会社の所属線を紹介します。

「東日本旅客鉄道(JR)」は、東海道線・東海道線(上野東京ライン)・横須賀線(総武線)・湘南新宿ライン・京浜東北線・京浜東北根岸線・横浜線の計7本。

「京浜急行鉄道は」、本線の1本。

「相模鉄道」は、本線の1本。

「東急電鉄」は、東急東横線の1本。

「横浜高速鉄道」は横浜高速鉄道みなとみらい線の1本。

「横浜市営地下鉄」は、ブルーラインの1本。

東京駅から横浜駅へ最速で行くには何線?

東京駅から横浜駅へ最速に行くには、「東海道線」が良いでしょう。

「普通」でも「快速アクティー」でも25〜27分程度で行くことができます。

ちなみに、最速という意味の「はやい」は東海道線ですが、始発が「はやい」のは京浜東北線です。

40分ほどかかってしまいますが、4:41東京発→5:22横浜着で行くことができます。

【横浜駅には何本路線が乗り入れている?東京駅から横浜駅へ最速で行くには何線?】

ということで、横浜駅には6社12路線が乗り入れているということがわかりました。ひと駅に乗り入れる鉄道事業者数が日本最多というのを改めて理解できました。

また、東京駅から横浜駅までは「東海道線」の普通か快速アクティーの25〜27分程度が最速ということもわかりました。

東海道線は京浜東北線と比べるとやや、本数が少ないので予定の時間に乗り遅れてしまったら次を待たずに、京浜東北線に乗って川崎へ向かった方が物理的に近づくことができます。

そして、タイミングが合えば川崎駅で東海道線に乗ることができるでしょう!参考にしてみてください。

こちらもおすすめ!横浜駅の人気記事

そのほかにも横浜駅のクィーンズ伊勢丹やミスドへの行き方など、横浜駅のおすすめ人気記事はこちらで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました