横浜駅のサフィール踊り子の乗り場はどこ?駅弁や車内販売もチェック!

サフィール踊り子 横浜駅

サフィール踊り子は、東京や新宿などの首都圏から伊豆まで行く全席グリーン席の列車です。出発地点は東京か新宿なのですが、横浜駅であればその両方からの列車が止まります。

というわけで今回は横浜駅のサフィール踊り子の乗り場はどこにあるのか?さらには駅弁や車内販売についても紹介いたします!

横浜駅のサフィール踊り子の乗り場は6番線

横浜駅のサフィール踊り子の乗り場は「伊豆方面行きは6番線」です。※東京方面は7番線です。

ただし、サフィール踊り子号は1日の本数が数本と、とてつもなく少ない列車です。同じホームには違う列車が数多くとまるので、他の列車に乗らないように注意しましょう。

それでは次に、踊り子に乗る前に駅弁を買う場所が気になりますよね。

踊り子なら駅のホームで駅弁が買える!

JR横浜駅の6番線は、ホームで駅弁が売っていますホーム中央あたりには、あの崎陽軒もあるので万全です。

また崎陽軒であれば、JR横浜駅の中央改札前の中央通りの真ん中あたりにもあります。さらに崎陽軒本店も行こうと思えばすぐ近くです。

その他、時間に余裕があって色々選びたいのであれば、東口には横浜そごう、西口には高島屋がそれぞれ地下直結で行けるので、デパ地下という選択肢もあります。

そごうと高島屋の行き方については、下記記事を参考にしてください。

通常の踊り子号には車内販売はありませんが、サフィール踊り子なら車内販売もあります。ただしお弁当は売っていないのでご注意ください。

飲み物もビールはあるもののほかに他にコーヒー、オレンジジュース、お茶しかありません。まさに最低限といった感じで、ちょっとさみしいですね。

サフィール踊り子のカフェテリアにラーメンも!要予約

サフィール踊り子の4号車はカフェテリアになっています。そしてヌードルという名のラーメンがあります。焼売が2個付いているもので、カフェテリアではビールもあるので一緒に楽しめます。

ただし事前に予約が必要で、ちょっと面倒です。

指定券券売機などで予約可能ですが、列車の切符のように空きのある時間で予約するシステムです。

サフィール踊り子に食べ物は飲み物の持ち込みはできる

最初にお弁当の話をしておいてなんですが、サフィール踊り子に駅弁などの持ち込みはもちろんOKです。飲み物についてもOKです。

横浜から行くのであれば、ベストは横浜そごうか高島屋の地下でお弁当を買って、それから列車に乗るのがいいと思います。それでは良い旅を!

こちらもおすすめ!横浜駅の人気記事

そのほかにもカルディやシァルへの行き方や、横浜駅の喫煙所の場所などのおすすめ記事です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました