横浜駅のサンライズ出雲の乗り場はどこのホーム?停車時間や乗車時間&料金も

サンライズ出雲 横浜駅

サンライズ出雲は、東京駅からなんと出雲市駅までを結ぶJRの寝台特急です。横浜駅にも止まるため、横浜駅から出雲市駅までも一本で行くことが可能なのです。

というわけで今回は横浜駅のサンライズ出雲の乗り場はどこのホームか?横浜駅の停車時間なども紹介いたします!

横浜駅のサンライズ出雲の乗り場は6番線のホーム

横浜駅のサンライズ出雲の乗り場は「6番線」のホームになります。※東京方面は7番線です。

またサンライズ出雲はJRの列車なので、まずはJRの横浜駅へ向かいましょう。

そしてサンライズ出雲は、なんと1日1本の運行となっています。乗り過ごしたら次はないのでお気を付けください。

横浜駅のサンライズ出雲の停車時間は約1分

横浜駅のサンライズ出雲は、平日も土日も「22時15分」に停車しますが、停車している時間はおよそ1分ほどです。

東京駅から乗っていたとして、横浜駅のホームで降りてお弁当や飲み物を買うなどの時間はないと思った方がよいですね。

サンライズ出雲の乗車時間は約12時間

東京駅から出雲市駅まで直通しているサンライズ出雲の、全乗車時間はおよそ12時間です。横浜駅から出雲市駅まではおよそ11時間45分ほどとなります。

22時15分に横浜駅で乗り、到着は翌朝10時です。夜から乗ってる割には、到着時間が遅いイメージですけど、出雲はやっぱり遠いですね。

サンライズ出雲の料金は23,210円

そしてサンライズ出雲の乗車料金は、23,210円です。東京駅からでも横浜駅でも同じ料金です。乗車券に特急券に、寝台料金まで加わるのでけっこうお高いです。

新幹線を使って行ったとしてもほぼ同じ料金というか、むしろちょっと安いほどなので、これはもう記念乗車という感じですよね。

でも人生で一度は寝台列車に乗ってみたいなとは思います。出雲にも一度は行ってみたいし、なるほど、一日一本運行の需要はたしかにありそうです。

サンライズ出雲は食べ物や飲み物の持ち込みはOK

サンライズ出雲は、食べ物や飲み物の持ち込みはOKです。

サンライズ出雲には食堂車や車内サービスなどがなく、アルコール類の販売などもありません。通常の飲み物自販機はありますが、売り切れの可能性もあるようです。

なので食べ物や飲み物は、乗る前に事前にしっかりと準備をしておく必要があります。

まず夜ご飯を食べるのかどうか、朝ご飯を食べるのかどうか、アルコール類を飲むのかどうか、12時間分の水分補給は大丈夫かなど、しっかり考えて準備をしましょう。

サンライズ出雲は岡山駅で駅弁チャンス!

そんなサンライズ出雲ですが、岡山駅で車両切り離しのため、およそ7分の停車時間があります。

この7分を利用して、岡山駅で駅弁を買うことが可能です。

やはり列車の旅には、ご当地駅弁ですよね。まあしかし、7分しか時間がないのでぎりぎりの戦いではあります。がんばりましょう。

横浜駅のサンライズ出雲の乗り場まとめ

みんなの憧れの列車、サンライズ出雲は横浜駅の6番線に停車します。人生で一度は乗ってみたいですね。列車で一夜を過ごすのは、他にはない感じでいいですよね。

サンライズ出雲は東京駅を22時発、横浜駅は22時15分着、そして出雲市駅には10時着です。横浜駅には1分しか停車しないので気を付けましょう。それではまた!

こちらもチェック!横浜駅の乗り場記事

ほかにも横浜駅のサフィール踊り子や、成田エクスプレスの乗り場などの記事はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました